沖縄のいま

稲葉博:「ガマフヤー」の具志堅隆松さんらがハンガーストライキへ

投稿日:

〈辺野古の稲葉博さん(沖縄平和サポート)から「お知らせ」が届いた。「ガマフヤー」の具志堅隆松さんらが3月1日8時半から沖縄県庁前でハンガーストライキを実行するということだ。アメリカの政治誌『ネイション(電子版)』も具志堅氏のハンストを取り上げ「米軍は、戦没者の遺骨がうずもれた土台の上に基地を築くことになる」と批判している。〉

辺野古の稲葉です。

すでにご存じかとは思いますが、新基地建設現場への南部からの土砂採取に抗議して、「ガマフヤー」の具志堅隆松さんほか数人が、3月1日8時半より県庁前でハンガーストライキを決行します。

「遺骨の混じった土砂を新基地現場に投げ込むとは、地上戦で亡くなった犠牲者を冒涜する行為。命をかけても阻止する!」と隆松さんは悲壮な決意で座り込みます。計画を撤回しない政府と土砂採取を事実上認めようとする県に対し抗議するとともに、実情を広く県民に知らしめようとするものです。

北上田毅さんほか仏教僧侶、キリスト教牧師、神父、県民が支援に回ります。ハンストは6日まで続ける予定です。

-沖縄のいま

Copyright© 沖縄を考える , 2021 All Rights Reserved.