「 okinawawpの記事 」 一覧

no image

沖縄差別・基 地・安保

星英雄:命の水を守れ、島を戦場にするな 自衛隊ミサイル基地に反対する宮古島市民の闘い

2020/3/23  

宮古島の3月は、サトウキビ収穫の真っ盛り。沖縄・那覇空港から空路1時間弱の距離にある宮古島を訪れた。宮古島は、農業と観光の島だ。その宮古島が「基地の島」と化そうとし、住民の命と暮らしを脅かす。島民の根 ...

no image

沖縄差別・基 地・安保

星英雄:市民の抵抗こそ社会変革の原動力

2020/3/12  

先月、岩国市の「愛宕山見守りの集い」を訪れた際、スピーチの機会がありました。若干の補正を加え、そのスピーチ内容を掲載します。

no image

連帯

星英雄:米空母艦載機に抗して 辺野古に通じる愛宕山の座り込み

2020/3/4  

米軍岩国基地は2018年3月、厚木基地からの米空母艦載機移駐が完了し、極東最大級の米軍基地といわれる。沖縄・嘉手納基地の約100機を上回り、米軍機だけで約120機が常駐する。日本政府や山口県、岩国市の ...

no image

沖縄差別・基 地・安保

星英雄:全日空が米軍基地撮影禁止を求める無法・日米安保体制の理不尽 米軍規則に従えという日本政府は「協定」を公開せよ

2020/3/3  

「写真と動画の撮影は禁じられています」 2月10日、羽田空港から岩国空港へ向かって出発した全日空機内で、米軍岩国基地を撮影することは禁止されている、という驚くべきアナウンスが2度あった。誰がどんな権限 ...

no image

連帯

井原勝介:自立する岩国をめざしたい

2020/2/15  

岩国市は、神奈川県厚木基地から山口県米軍岩国基地への、アメリカの空母艦載機の移転を受け入れたことで知られる。かつて市長を務めた井原勝介・元市長に米軍基地問題や現市政などについて聞いた。(文責・星英雄)

no image

連帯

星英雄:差別のない共に生きるまちへ 川崎「市民ネットワーク」が目指すもの

2020/2/7  

ヘイトスピーチに刑事罰を科す全国で初の禁止条例をつくったのが川崎市だ。だが、条例制定の主役を担った市民らは、解決すべき課題はまだまだあることを痛感している。「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネット ...

no image

連帯

星英雄:政治の主役は国民だ──主権者の1人として安倍政治を考える

2020/1/31  

「ウソつきシンゾウ」──。安倍晋三首相のことを私はこう呼んでいる。「桜を見る会」も、IR汚職事件も、も何一つ説明しようとはせず国民を欺いている。それでいいのか、主権者の1人として安倍政治を考えてみたい ...

no image

沖縄差別・基 地・安保

星英雄:アメリカに頼らない安全保障の時代がやってきた

2020/1/1  

謹賀新年 元旦恒例、多摩丘陵の一角を散歩した。はじめは新鮮な冷気を、やがて温暖化の影響かと思うほどの暖かさを感じつつ、新年が始まった。

no image

沖縄のいま

星英雄:米軍のやりたい放題を許すな──沖縄の水道水汚染の元凶は米軍だ

2019/12/16  

「毒水を飲めといわれても飲めるわけがない」「命や健康の問題。不安だ・・・」。こんな市民の怒りや不安が沖縄で渦巻いている。飲み水である水道水を供給する北谷浄水場の水源から、発がん性などのリスクが指摘され ...

no image

連帯

藤田観龍:権力の私物化やめろ! 首相官邸前で安倍政権に抗議

2019/12/5  

マルチ商法の山口・ジャパンライフ会長を首相枠で招待するなど、安倍政権の政治が顕著に現われた「桜を見る会」。「総がかり行動実行委員会」の呼びかけで12月4日午後6時半から東京・首相官邸前で1000人が権 ...

Copyright© 沖縄を考える , 2020 All Rights Reserved.